会社案内

社名の由来

「大一大万大吉」

戦国武将の石田三成の旗印に使われた言葉です。

「一人は万人の為に、万人は一人のために尽くせば天下の人々は幸せになれる」という意味が込められているそうです。

その言葉から、「一人は会社の為に、会社は地元の皆様の為に尽くせば、きっと幸せになれる」という思いを込めて、
「大一青果株式会社」と名付けました。

社名のように、当社は地元の皆様の食卓を支えていけるように、社員一人一人が力を合わせて頑張ります!

会社概要

会社名大一青果株式会社
創業昭和21年8月
業種青果物卸売業
所在地〒440-0077 豊橋市南島町2丁目9番地の1
電話0532-53-1160(代表)
主な取引先全国農業組合連合会・ホクレン・愛知経済連・静岡経済連・商社・出荷商人・地元農家 他
販売先買参人・地元スーパー 他
役員常勤役員 3名  非常勤役員 1名  監査役 2名
従業員社員 男性 22名 女性 17名 アルバイト・パート 5名

市場の歴史

昭和21年愛知県東部青果株式会社 8市場開設(豊橋・豊川・御津・新城・田原・福江・蒲郡・高師)
昭和46年大一青果株式会社に社名変更
昭和51年御津・蒲郡支所が合併し、宝飯支所開設
平成13年宝飯支所は豊橋支所と、新城支所は豊川支所と合併
平成27年福江支所は田原支所と合併
令和 1年豊橋・豊川・田原・野依支所の4カ所で市場として社会的役割を果たしている
令和2年4月現在

キャラクター紹介

いっちーとだいち君

いっちー

「大一」の「いち」を取って、親しみやすいネーミングにしました。
衣装には、いちごと洋梨、髪飾りとしてエディブルフラワーを付けています。
石田三成氏の内助の功をモチーフに誕生しました。

だいち君

東三河の広大な「大地」をイメージ。
地元で有名なミニトマトや大葉の衣装を着て、兜は次郎柿、手にはキャベツを持っています。
社名の由来にも関係している、戦国武将の石田三成氏をモチーフに誕生しました。

© 2024 大一青果株式会社